2012年02月25日

投資信託への投資と個別銘柄投資

投資信託への投資と個別銘柄投資と比較してみます。
「個別銘柄投資」という言葉は、「投資家が自分で株式や債券等の個別銘柄を選択して投資する」という意味で捉えます。

投資信託と個別銘柄投資

投資対象が株式の場合、簡単に比較すると、「投資信託」は「分散投資を少額で行なう」ことができる、「個別銘柄投資」は「自分で投資対象を選択してその成果を得る」ことができる、という点がそれぞれの特徴になるのではないでしょうか。
それ以外にも、売買の方法やコストなどにも違いがありますのでご自身でよく理解した上で選択すると良いでしょう。

また、外国の株式や債券の銘柄を選択する場合は、情報収集や調査分析の面で多少ハードルが高いと考える投資家もいるのではないでしょうか。
そのような考えの場合、運用会社に銘柄選択を任せるという意味で投資信託を選ぶことも考えられます。

株式投資信託と株式の個別銘柄投資、どちらを選ぶかは、投資資金の性格や投資家の考え方によりますが、
次のように考える場合、株式の個別銘柄投資のほうが向いているのではないでしょうか。
「特定の企業の株価について、今後の値上がり期待を持っている」
「特定の企業を、株主として応援したいと思っている」
「特定の企業で提供している、株主優待を受けたい」
「自分の勤めている企業に対して投資を行ないたい(自社株投資)」

次のような考え方の場合は、株式投資信託の選択が考えられます。
「個別銘柄を選択する自信がないが、その市場に投資したい」
「投資対象市場全体の値動きに投資したい」

posted by サイ at 23:03| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マンAHLダイバーシファイドマン・AHL・マイルストーンウィントン・フューチャーズ・ファンドヘッジファンドマンション購入
新型インフルエンザ対策 マスク購入海外ファンドスーパーファンドヘッジファンド購入 外国債券セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドマネージ ド・フューチャーズプロミスアットローンシティゴールド転職住宅ローン生命保険 見直し
セゾン ローンSBI ローンSBI住宅ローンSBI 外貨SBI損保ライフネット生命ファーストクレジット
中央三井信託銀行 住宅ローン自動車保険海外ETFCFDデイトレFXのやりかたFXの始め方1億円貯める
プルデンシャル生命評価ソニー自動車保険チューリッヒアフラックがん保険ソニー損保アメリカンホームダイレクトアフラック医療保険外国株式購入方法医療保険の選び方医療保険自動車保険の選び方新生銀行住宅ローン中国株式中国株式投資シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄外貨両替投資信託 選び方宝くじ 当選確率海外投資 外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株式投資 初心者米国株投資債務整理海外ETF購入外国債券購入FX やり方FX初心者初心者 銘柄ブライダルエステ 口コミキャッシング 審査ヘッジファンドニュースマンションニュース債券投資ワンルームマンション投資宝くじ 当選番号副収入 サラリーマン副業 サラリーマン収入を上げる方法住宅ローン 返済インデックス 株式投資プロミス キャッシングお金を増やす外国為替外国株式インデックス外国債券購入在宅ワーク 主婦 副業長期投資 銘柄米国債券退職金運用方法米国株式 高配当銘柄老後資金必要額副業資産運用 初心者老後の貯蓄額教育資金老後資金の運用ロト6 確率新興国株ロト6米国債券ワンルームマンション投資老後資金J-REIT転職フェイシャルエステ不動産投資米国株 配当

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。